30代で大人ニキビが増える原因は?対策について解説!

ニキビは10代だけでなく大人になってからもできる面倒な肌トラブルのひとつです。女性の肌はホルモンとの関係もあり時期的に肌の働きが不安定になることがあり、大人ニキビは30代になると突然増える場合があります。いつもしっかり洗顔と保湿しているのになぜ?と疑問を抱く方もいるでしょう。そこで気になる大人ニキビ、30代に多い原因と効果的な改善策についてみていきたいと思います。

30代は家事や育児で何かと忙しい時期、スキンケアがゆっくりできない人も多いですよね。

30代でニキビが増える原因は

  • ホルモンバランス
  • ストレス
  • 年齢肌
  • スキンケア商品が合わない

以上4つの点を見ていきましょう。

ホルモンバランスが不安定になるため

30代という年代はライフステージで色々な変化がある年齢です。とくに出産は女性の肌の働きに与える影響が色々ありますので、妊娠中、産後に大人ニキビができやすくなる場合がありますよ。

最近は女性の晩婚化や高齢出産も増えていますので、30代で出産をする女性も珍しいことではないですよね。妊娠・出産は女性ホルモンのバランスが不安定になり、皮脂の分泌が時期的に安定しません。
生理周期が元に戻るまでは肌のターンオーバーが正常にならない為、乾燥して角質が厚くなってしまうこともあります。

30代の大人ニキビは産後に増えるという人も大変多いので、スキンケアでしっかり保湿をしておきましょう。

イライラやストレスが増えて大人ニキビの原因

大人ニキビは皮脂分泌以外にも様々な要因がありますので、スキンケアだけでなくあらゆる角度から原因をみつけないといけませんね。30代の女性は家事や育児、仕事と色々なことにエネルギーを使い毎日忙しく生活をしています。ストレスが増える年代でもありますし、忙しい生活で知らない間に身体に疲労がたまっている場合も。

ストレスやイライラは自律神経を不安定にする要因になり、肌細胞の働きが乱れたりターンオーバーの周期が長くなるといった悪影響があります。

 

またストレスによるダメージを自覚せずに生活している人も大変多いので、肌荒れ、大人ニキビなどが増えてきたら、リラックスできる時間を増やすことも大切ですよ。

年齢とともに肌の乾燥が進むため

大人ニキビのスキンケアで大切なのは、肌の働きは年齢とともに徐々に低下していくという根本的な点を知っておかないといけません。肌の老化は20代後半からすでに始まっているので、若い頃のような手抜きのスキンケアはできないのです。

30代になると肌の水分量が減りだし乾燥しやすくなります。すると肌を守るバリア機能が弱くなり、紫外線や外部の刺激に攻撃されて肌の働きが低下してしまいます。化粧水をつけても水分が肌の奥でしっかり保たれないので、インナードライ状態の肌になっていますよ。

肌の乾燥は皮脂の過剰分泌の原因になりますし、30代からは肌の老化にも影響を及ぼしますので、年齢肌に合わせた保湿ケアをすることが大切です。

スキンケア商品が肌にあっていないため

大人ニキビのスキンケアで大切なのは毎日使う化粧品の質です。ずっと同じ化粧品を20代から使い続けている人もいると思いますが、30代になると老化が進むスピードも速くなるため、化粧品の成分に肌の働きが追い付かないことも。

30代になっていきなり大人ニキビが増えたと感じた時は、化粧品の見直しをしてみましょう。肌に潤いを与えると大人ニキビ肌の長期化を予防できますし、ニキビ跡が残りにくい健康な肌になります。乾燥する季節、汗をかく季節など環境に合わせてスキンケア方法をその都度見直すなど、常に肌の状態に敏感になってくださいね。

肌に合わない化粧品を使っているとヒリヒリやかゆみなどの目立った症状がある以外にも、肌がべたつくなど皮脂分泌が不安定になる場合もありますよ。

コメントは受け付けていません。