大人ニキビ肌用のスキンケアの効果|化粧品と医薬部外品の違いについて

大人ニキビが周期的に出来るのでニキビ用のスキンケア用品を探しています。よく医薬部外品と書かれた化粧品がありますが、ニキビにはこのほうが効き目があるのでしょうか。現在30代です。

一般的に販売されている化粧水などのコスメにはいくつかのタイプがあり、「医薬部外品」という表示がされたものがあります。なんとなく効き目がありそうなイメージですよね。

そもそも医薬部外品には、一定の効果が認められている有効成分を配合したもので、化粧品と医薬品の中間的な存在になります。そのため普通の化粧品を使うよりも医薬部外品の大人ニキビ化粧品の方が効果が期待できる、ということになりますよ。

大人ニキビのスキンケアは医薬部外品の方がよい?

大人ニキビ肌を改善するためには、毎日のスキンケアがとても大切です。様々な種類が販売されていますが、そのなかでも医薬部外品と書かれたものはほかの化粧品とどんな違いがあるのか、特徴について詳しく見ていきたいと思います。

医薬部外品とは

  • 化粧品と医薬部外品の違い
  • 有効成分が入っているか
  • 大人ニキビには医薬部外品がよい

以上3つのポイントをご説明しましょう。

どっちがいい?化粧品と医薬部外品の違いは?

スキンケア商品には化粧品・医薬部外品・医薬品という3つの種類があります。医薬品は病気治療や予防など医薬的効果がある成分が配合されたもので、自分で購入できるものや医師の処方箋が必要になるタイプなどがあります。

化粧品とは美容目的で作られた商品で医薬品や医薬部外品と比べると効果が緩やかである点が特徴になっています。医薬部外品は医薬品と化粧品の間にあるもので、目的に合わせた有効成分が配合されているため、化粧品よりも効果が期待できます。

しかし医薬品ほどの強さはなく主に予防ケアとして使われることが多いですね。医薬部外品には「薬用石鹸」、「薬用化粧品」などがあります。

有効成分が配合されているのは医薬部外品

医薬部外品には一定の効果が認められた有効成分が配合されています。化粧品との一番の違いになる点で、一般的な化粧品には薬事法により有効成分を記載することはできません。

医薬部外品と聞くとちょっと刺激が強そうなイメージがありますが、使い方は一般的な化粧品と変わらず薬のような強い作用はありません。つい神経質になってしまう人もいると思いますが、医薬部外品は有効成分が配合されているため、安全で効果的な大人ニキビのケアができるといえるでしょう。

大人ニキビのスキンケアは医薬部外品の方が効果あり

大人ニキビのスキンケアをするなら、医薬部外品の方が効果が期待できます。しかしどれでも自分の肌に合うわけではありませんから、使用感などは購入前にチェックしたいですね。ニキビケアは時間がかかりますので、効率的なスキンケアができる医薬部外品がニキビには良いでしょう。

コメントは受け付けていません。